有限会社
さわやか金沢
〒920-0062
石川県金沢市割出町718-1
TEL.076-239-3377
FAX.076-239-3461

───────────────
・介護用品レンタル
・医療、福祉用具販売
・住宅改修
───────────────
qrcode.png
http://www.sawayaka-k.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ブログ

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
熱が出たら
2017-02-02
 
 世間ではインフルエンザが流行しているみたいです。
 急な発熱で高熱が出たらまずはお医者さんを受診しましょう。インフルエンザでなく普通の風邪というケースもありますがもし普通の風邪なら一安心ですからね。
 
 熱が出たなと思ったら体温計で熱を測ります。
 昔は水銀の体温計が一般的だったんですが最近はほとんどが電子体温計です。子供の頃、体温計を脇にはさんで5分ぐらい待っていたのを覚えています。
 
 電子体温計では予測式と言われる短時間で熱が測れる体温計が増えています。
 数十秒で体温が測れるのでとても手軽です。また、最近は数字が大きく表示されて読みやすいものが増えていますので細かい文字が見にくくなった方でも使いやすいです。
 
 
 
 
自由に動きまわるという事
2017-02-01
 
 自分の行きたい所に自由にでかけられるのはとてもすてきな事です。
 体が不自由になると、出かけることが難しくなったりします。歩くのが大変だったり、体力がなかったり。
 
 最近は大きなショッピングセンターの入口やコンサートホール、図書館などいろんな所で車いすを見かけます。私は福祉用具の仕事をしているせいなのかもしれなませんが、町中で車いすをお使いの方が増えたなぁと感じます。
 車いすを使う事が段々と普通の事になってきたのかもしれません。
 
 車いすにはいろんな種類があって、自分でこぐもの、誰かに押してもらうタイプ、電気で動くものとさまざまです。ご利用になられる方のお体の状態や、目的によっていろんな車いすを選ぶことができます。
 
 でも、どんな車いすを選んだら良いかわからないって事もありますよね。
 そういう時は私どものような福祉用具の専門家にご相談頂けると良いと思います。
 
 お客様のご希望や、お体の状態を拝見していちばん使いやすい車いすをご提案させて頂きます。
 
 
 当社でおすすめしているのは プロファンド という車いすです。
 足こぎの車いすです。歩くのが難しくなった方でも自由に走り回ることができます。家に閉じこもらずにどんどん外に出かけておられる方もたくさんおいでになります。
 
 体験も可能ですからお気軽にお問い合わせくださいね。
 
 
 
たべものがのどを通りにくい
2017-01-31
 
 のみものでむせるという事があるのと同時に、高齢になって介護が必要になってくると食べ物をかんだり飲み込んだりが難しくなることがあります。
 
 噛んで食べ物を口の中で細かくすること、それを口の中で混ぜ合わせ飲み込みやすい状態にしてのどに送るのですが噛むことが難しい場合はやわらかな食品やある程度細かくきざんだ食べ物が必要な場合があります。
 食品メーカーのキューピーさんをはじめ多くのメーカーさんが介護用の食品を開発しています。
 
 おいしく簡単に、安全に食べていただける商品がたくさんあります。
 
 その方の体の状態にあわせてお選びいただけますのでお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
からだふき
2017-01-30
 
 介護用品の中に”からだふき”と呼ばれる商品があります。
 ウェットタオル状のものですが、体を拭けるように大判につくられているものです。
 
 私たちでも風邪をひいたときや入院したときに自由にお風呂に入れない時がありますが、そういう時にはタオルを絞って体を拭いたりしますね。
 ちょっと体を拭くだけでもすごく気持ちよくてすっきりします。
 
 きっと介護を受けておられる方も自由にお風呂に入れない時には体を拭いてあげるときっと気持ちいいんだと思います。
 
 
 
時々むせる
2017-01-26
 
 実は、ここ数年ほど前から飲み物を飲んでいるとたまーにむせるんです。
 飲み物が食道に入らずに気道に入ってゲホゲホと。
 
 飲み物や食べ物がのどを通る時には自動的に気道に入らないようにふたがされるようになっています。
 これが年齢とともに反射神経が鈍くなるように、反応が悪くなっていくんですね。私も40代の後半くらいからむせたりするようになりました。
 
 むせたりがひどくなると誤嚥(ごえん)と呼ばれます。
 以下のようなことが気になるなら嚥下(えんげ)障害の可能性があります。
 
・物を飲み込むのに苦労する・飲み込み時に痛みがある
・うまく飲めずにこぼしたり、口に残ったりする
・よだれがでたり、口が渇
・飲み込んだ後に声が変わ
・食べている最中にむせたり咳き込んだりする
・胃液が逆流し、吐いたりする
 
 むせないようにするには、食べ物がゆっくりとのどを取るようにしてやれば良いです。そのために介護の世界で使われるのがとろみ材です。液体にとろみをゆけることでのどを通るスピードが落ちてむせるのを防ぐことができます。
 頻繁にむせたりすると肺炎の原因にもなりますので気をつけましょう。
 
 お店にはとろみ材のサンプルもありますのでお気軽にお声がけくださいね。
 
 
 
026612
<<有限会社さわやか金沢>> 〒920-0062 石川県金沢市割出町718-1 TEL:076-239-3377 FAX:076-239-3461