本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

長時間座るという事

2018-08-08
車いすクッション
 
 学生の頃は授業が長く感じたものです。ふと時計を見上げても授業が始まってからまだ20分しか経っていない。そんな経験のある方もおられるかもしれません。
 
 座面の固い椅子に長時間座っているとそれだけでおしりが痛くなってしまいます。固い椅子じゃなくても長時間のドライブでもずっと座ったままではおしりが痛くなってしまいます。
 
 実際に車いすに乗っておられる方はもっと切実な場合があります。足が不自由になって車いす生活をされている方の中には自分で座っている姿勢を自由に変えられない方もおられます。
  みなさんも足を組替えたり、座り直したりしないで座ったままで過ごして見てください。30分もしないうちにおしりが痛くなってくるのではないでしょうか。
 
 車いすの座面はクッション付きのものも増えてきていますがまだまだ座り心地については良好と言えないものもあります。
 介護保険ではレンタル用に車いすクッションをご利用頂く事が出来ます。沢山の種類の車いす用クッションがありますので症状や車いすの使い方に合わせてご提案させて頂いています。
 
 長時間、車いすをご利用になられる方や、車いすを使っていて座り心地が悪いなぁとお思いの方はお気軽にご相談ください。
 
 
 

畳みの生活

2018-08-02
電動昇降いす

「歳をとると足腰が弱くなって」
 と言われる方が沢山います。
 
 確かに高齢になると膝の軟骨がすり減って膝が変形してしまったり、背骨にある椎間板と言われる部分が薄くなったり、背骨が曲がってしまったりという事が起こる事があります。
  段々と「階段の昇り降りが大変になって」という方がおいでますし、畳の生活で床から立ち上がる時に膝に痛みがあるという方もおられます。正座が出来なくなってしまってというお話を伺うこともあります。

 また、脳卒中の後遺症で片側の手足が不自由になってしまい、立ち座りの時にふらついたりと転倒の危険が高い方もおられます。
 
 最近は畳の部屋で床に座布団という生活スタイルではなく、椅子とテーブルの生活というご家族も増えてきたのかもしれません。椅子の暮らし足の筋力が落ちてしまった方や、膝に力が入らない方にはとても優しいのですが、今まで暮らしてきた床に座ってという生活スタイルから離れられない人も多いでしょう。
 
 電気の力で椅子が上下に昇降する福祉用具があります。
  今まで通りの床の生活を続けながら、足の筋力が低下した方でも立ち座りの時の膝にかかる負担を軽減できます。

 今まで通りの生活を続けたいというお客様の希望をかなえられる、そんなアイディアが沢山あります。
 
 
 お気軽にご相談くださいね。
 

2階に住むこと

2018-07-25
階段昇降機

 私は金沢に住んでいるんですが、なぜか歯医者さんって2階に診療室があることが多いんですよね。最近の新しく開業された歯医者さんは1階に診療室がある所が多いようですが以前は2階に作るのが主流だったんでしょうか。
 
 外階段を上って2階に入口があると車いすをご利用の方や、足が不自由な方にとっては行きにくい所になってしまいます。
 1階が駐車場やお店になっていて、2階より上が生活スペースになっているという建物もあります。階段を使わなければ生活スペースに行けないという場合には階段にレールを取り付け、レールの上を椅子に座って昇り降り出来る装置を設置する事があります。階段昇降機と言われるものです。
 階段の昇り降りが出来なくなった場合はホームエレベーターや階段昇降機を設置して今までと同じ生活空間で暮らしていけます。
 
 装置の取付以外にもいろいろな工夫が必要だったりしますが住み慣れた環境で住み続けたいとお考えの方も多くおられます。
 
 ひとつの方法としてご紹介しました。
 
 

からだふき

2018-07-24
からだふき
 
 今月の領収証の同梱ちらしは”からだふき”です。
 先日ブログでもからだふきの事をお話した所です。
 
 ご参考にしてください。
 
 

ペットボトルの蓋

2018-07-19
キャップオープナー
ペットボトル
缶

 今日もとても暑い一日でした。

 暑い時には水分の補給が欠かせません。ペットボトルの飲料や缶の飲料などを飲む機会も増えます。
 
 段々と年齢が高くなってくるとペットボトルのキャップを開けられなくなる場合があるようです。実は同居しているうちの嫁のおかあさんもそうなんです。時々ペットボトルの蓋や、瓶の蓋を開けてと頼まれます。手先に力が入らなくなってきたそうです。
 そんな時に便利なのがキャップオープナーと呼ばれる福祉用具です。おかあさんにプレゼントしたらとても喜んでもらえました。
 いつでも蓋は開けてあげられるんですが、それは僕や娘に頼まなければならないんですね。でも、自分でいつでも好きな時にそれが出来るって事がとても大切なんだと思います。
 
 そういえばキャップオープナーをプレゼントしてから、ペットボトルのキャップを開けてと頼まれる事がなくなりました。これも小さな自立です。
 
 
有限会社
さわやか金沢
〒920-0062
石川県金沢市割出町718-1
TEL.076-239-3377
FAX.076-239-3461

───────────────
・介護用品レンタル
・医療、福祉用具販売
・住宅改修
───────────────
0
3
0
4
6
3
TOPへ戻る